「人の役に立つサイトを作る」と「稼ぐ」は関係性はあるが直結はしていない

人の役に立つサイト、あるいは良いコンテンツを作れば稼げると思ってる人もいると思いますが、それはたくさんある満たすべき条件の一つにすぎません。

これは、ブラックハットの人は、そもそも上げようとしてるキーワードが最初から明確だったりするのであまり心配のないことなんですが、

ホワイトハットSEOに「こだわって」サイト作成をしてる人に対しては少し懸念な部分でもあります。

人の役に立つ

収益化スキルに自信がない人は基本どおりにいこう

これは、アフィリエイトという枠の中においての「手段」と「目的」を混同しないでね、みたいな話になります。

「人の役に立つサイトを作る」というのは「手段」です。当たり前にやっていなければいけないことですが、それをすれば万事OKというわけではありません。

例えば、何かで困っている人に最善の解決策を提示して助けたとしましょう。でも、お金は入りません。

実際は「人の役に立つ」という行為を、サービスとして成立させたりお金に変換する知恵をふり絞らないと収益化はできないわけですね。

だから、

  • マネタイズスキルに自信がある
  • 出来上がったサイトに「後づけで」収益化のアイデアを組み合わせることができる

という超上級者っぽい人じゃない限りは、アフィリエイトの基本どおり、案件ありきでサイトを作った方が良いと思います。

案件ありきでサイトを作るというのは、その案件を成約させるためには?そのためには?そのためには?そのためには?・・・っていう逆算思考で攻めるということです。こっちの方が明らかに簡単なんですね。

王道教材のルレアでもそういった手順が記されています。

何故なら、案件ありきから考えて逆算してサイトを作るということは、その時点ですでにマネタイズの計算は少なくとも半分くらいは終わっていることになるからです。

でも、これをせずに、ただ単に「人の役に立つ」というサイトを作っても、後になってから「じゃあどうやって収益化しようか」ってことを考えなければならないので、これは正直超上級者向けだと思います。

サイトの評価が上がる過程というのも「手段(過程)」

「人の役に立つサイトを作る」という抽象概念から一歩ほど掘り下げて、例えば、

  • 独自の価値を提供する
  • ファンを作る
  • 内部リンクを最適化する
  • PV数や滞在時間をのばす
  • ドメインパワーを上げる

というのも「目的」ではなく「手段」です。

ドメインパワーが強くなったり、特定クエリでGoogleから評価されたりするのは、それはそれで有利になってくるのですが、それはやっぱり「過程」であり「手段」です。

記事を読んでもらうということも「手段」です。それが目的ではありません。

少し違いますが「自己満足にこだわるか」「他者満足にこだわるか」の差、つまり「自分視点にこだわるか」「他人視点にこだわるか」の差とも言えるかもしれません。

これは、どちらが良いという話ではなく「稼ぐ」ということに関して言うならば「他者満足」の方を優先した方がよいってことです。

単純に、

自分が楽しむためにとか、自分がスッキリするためにとか、自分が詳しいジャンルの知識やノウハウを披露するためとか、そんな感じで自分を中心にして書きたいことばっか書いてたら、その分だけユーザの(情報欲求としての)満足度は下がります。

ということは、その分だけ上位表示もできないし、稼げないサイトになるということです。

自分ばっかしゃべって相手の要望を聞かなかったら相手が不快感を覚えるのと同じ理屈です。

だいぶ前にも似たようなことツイートしてましたね。

「作ってみたいサイトがある」という初心者の盲点

「作ってみたいサイトがある」という初心者ほど要注意です。

何故かというと、何らかのテーマで作りたいサイトがある人ほど、紹介する案件すら決めずにサイト作成を進めちゃう傾向があるからです。

ちなみに「作ってみたいサイトがある」という姿勢でサイトをそのまま作っちゃうのは、超初心者か超上級者のどちらか、あるいは別の畑で言うと、ブロガーやアドセンス出身の人のケースが多いです。

超上級者の場合は、既存の経験値を元にして様々な目標を達成できると思いますが、超初心者には無理ですよね。

そういう人は、一例を挙げるなら「CVキーワード」という概念が欠落していたりするので、これだと稼ぎを加速させるのが難しくなります。

他には、カテゴリの決め方、個別ページの作り方などにも、明確な目的があるのとないのとでは大きな差が出るはずなので、SEO的に超不利にもなってくると思います。

ただ「作ってみたいサイトがある」というモチベーションがあるのは悪いことではないので、自分が保有している

  • 経験
  • 知識
  • ノウハウ

などを、どう生かしていくかを考えれば良いと思います。ココが適当だとマジで稼げないサイトができあがります。

これができる自信がない人は、もう一度このページの最初から読んでみてください。つまり、少なくともある程度稼げるようになるまでは、王道的なサイトの作り方をした方がよいということです。

ちなみに

  • 「作ってみたいサイトなんてない」
  • 「全ジャンル興味なし!!」

という人でも何も問題ありません。

むしろそういう人の方が(仕事として)割り切ることができるので、経験値を積み上げやすいとも言えます。

視点を変えることで「目的」と「手段」は入れ替わる

なお、目的と手段を混同しないでねっていう話をしましたが、もう一段階「上」に視点を変えて人生という枠で考えると、「アフィリエイトで稼ぐ」ということは人生においての手段にすぎないということになるはずです。

アフィリエイトサイトを作るという狭い枠の中で見れば、「稼ぐ」ということが「目的」になるだろうけど、人生という大きい枠の中で見れば、「稼ぐ」ということは「手段」になっているわけですね。

この辺は、物事を見る視点を自分なりに調整して考えてください。

遠くから見たり近くから見たり。物理的な実際のレンズじゃなくて「物事の見方」という論理面のレンズ調整をする感覚です。

ただし、人生の目的が「コンテンツを作ること」であるならば、手段と目的が同一の場合もあるかもしれません。

けどこれは、現在のあなたのステージや、目標の達成度に応じて冷静に判断して欲しいと思います。

「俺は記事を書くことが大好きだ!」という人も中にはいると思いますが、それで貴方の欲求のままにサイトを作っても、所詮それは「趣味の領域」であり、稼ぐサイトにはほど遠いものが出来上がるということは覚えておいた方がよいと思います。

何人かに質問して全員が同じ回答をした

アフィリ歴数か月の人や、まだ自分の目標額まで稼げていない人に対して、ちょっと個人的に考え方がおかしな方向にいってるんじゃないかなーって感じた人に、私は下記のような質問をします。

「アフィリエイトをやろうと思った理由は何ですか?」

すると、例外なく全員が

「お金を稼ぎたかったからです」

という回答します。
その細かい中身自体は人それぞれです。ベタなところで言うと、

  • 会社を辞めたい
  • 家族の生活を豊かにしたい
  • 自由気ままな旅行生活をしたい
  • リスクを分散したい
  • 金銭的な不安を消したい
  • 誰かを見返したい
  • 死にたくない

などなど。他にも人それぞれありますね。

そして、その本来持っていた理由が「今と変わっているか?」ということを聞いても、変化はないということです。むしろ変化が発生している可能性は非常に低いはずなんです。

本来の理由の部分に変化が起きているならば、それはもう根本的な価値観に大幅な修正が入ったということになりますからね。

それはそれで別にいいんですけど。

いや、いいんですよいいんですよ。最初は「お金を稼ぐ目的」で開始したアフィリエイトだったとしても、途中からコンテンツ作成の楽しみを見出して、そっち方向に自分の軸をシフトしたというのであれば、それは個人の自由です。

それなりに稼げるサイトを何個か作った後の人ならば、「楽しむ」ということと「稼ぐ」ということを上手に融合させることができる可能性は上がると思います。

スタンスを決める大切さ

現実的に考えると普通の人にとって「稼ぐ」と「楽しむ」はトレードオフ(どちらか片方しか取れない)の関係だと思います。

華やかな世界の人達や、会社の経営者や、求人雑誌などでは「好きを仕事に!」とか「やりがいを大切に!」とか書かれてますが、まぁアレは幻想です。

(無理やり自分にそう言い聞かせたり、過去を美化してる人達はいると思います)

特に初心者が「稼ぐ」と「楽しむ」の両方を追求しようとすると、「稼ぐ」の方が取れなくなる可能性がかなり高いと思います。

これは、今までに関わった人を見ていてガチでそう感じています。

なので、アフィリエイトを開始した根本的な目的が「お金を稼ぐこと」であれば、ある程度は「楽しむ」ということを捨てるしかありません。

ややキツイ言い方をするならば「楽しむという方向に逃げるなよ」ってことになります。

「漫画ばっか読んでないで勉強しろ」みたいなアレですね。勉強するより漫画読む方が楽しいので、漫画を読みたくなる誘惑にかられますが、それでは成績(報酬)が悪くなっちゃうよってことです。

だから「楽しむという方向に逃げるなよ」ってのは「ラクな方に流されちゃダメだよ」ってこととイコールです。

けど、繰り返しますが、これは個人の自由なので「稼ぐ」ことを優先しようが「楽しむ」ことを優先しようが、どっちだっていいです。あなたの人生ですから。

ただ、もしも当初の目的や目標からアフィリエイトのスタンスを変更するのであれば、

  • 自覚的に
  • 意識的に
  • 流されたとかではなく
  • 自分の気持ちを精査したうえで
  • 自分の意志で

決断をして欲しいです。じゃないと後になってブレるからです。

「やっぱり稼ぎたい」「やっぱり楽しみたい」みたいな心理を行ったり来たりしてしまうのが一番最悪です。

「はっ!気付かないうちに当初の目的がブレてた!あぶねーあぶねー」みたいになってしまう人は要注意です。

私個人としては、最初にアフィリエイトをはじめようと思った時の目的を軸にしてブレさせない方がよいと思います。

あとは、必ず、

  • 「目標の達成度」
  • 「現在の満足度」

を考えましょう。

目標を達成していないのにラクな方(自分が楽しい方)に逃げるというのは、ただの甘ったれだと思いますし、怠惰です。

それに、「やりたいことをやる」「書きたいことを書く」ということをするにしても、目標を達成してからの方がモヤモヤ感がなくなってスッキリした状態で取り組めると思うんですよねー。

要するに「達成度」が自分の定めたラインをクリアしてるならば、自由に好きなサイトでもメディアでも作ればいいし、まだ目標をクリアしてないならば、もっと貪欲にビジネスベースで攻める、みたいなね。突然の終わり。

Topへ⇒将来が不安な方へ!アフィリエイトで収入を複数作る – ネトビジュ

One Response to “「人の役に立つサイトを作る」と「稼ぐ」は関係性はあるが直結はしていない”

  1. ワタナベ より:

    スゴい、引き込まれるように読んでしまいました。
    僕のブログはただ好きな事を書いているだけで、
    (トレンド特化ブログ)アドセンス収入では
    全く生活できないという事が分かりました。

    やっぱり案件からシッカリ考えて構築しようと思います。
    また、今もうちょっと儲かっているブログも嫌になっていたのですが、

    これは割り切って作りきろうと思います。

    ありがとうございました!また来ます!

ワタナベ へ返信する

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ